てんやわんやから即脱出!

自分でやらないフリーランスの事務処理

フリーランスを始めると、今までは企業の他部署の担当者が行っていた事務処理を誰がやるかが問題になります。多くのエンジニアは、フリーランスを始めるときに自分で事務処理もできるようにしようと考えますが、必ずしもそれが正しい考え方だとは限りません。当然のように会計処理や確定申告、クライアントとの取引書類の作成などを一人でやるエンジニアもいます。

しかし、それによってエンジニアとしての技術的かつ専門的な仕事ができる時間がかなり短くなってしまうのも確かでしょう。フリーランスを始めたら、専門的な仕事に費やす時間を十分に確保することが大切です。それによって様々な案件に手を出せるようになり、スキルの幅を広げていけるようになります。また、多くの案件をこなして稼ぐためにも時間は十分になければなりません。ワークライフバランスを重視したい場合にも、同様のことがいえるでしょう。

そのためには、事務処理は自分ではやらないという発想を持つことが大切です。例えば、確定申告なら税理士に任せることができます。外部委託するのは比較的簡単で、どのような事務処理も専門性の高い人に任せてしまえば安心でしょう。その費用分は自分で稼げばいいと考えれば問題ありません。また、工夫の一つとして家族を従業員として雇い、簡単な事務処理を行ってもらう方法もあります。青色申告をすれば家族を従業員として雇うことにより節税できるので、利益を増やしたいときには検討するといいでしょう。